クレジットカード更新時に番号はどうなる?


クレジットカードは更新のときに、カード番号が変わってしまうのでしょうか?通常では有効期限が訪れて新しいカードに切り変わる場合では、番号はそのままで有効期限の年月だけが変わるということになります。

ただし、クレジットカード即日発行会社によっては、カードの裏などの認証番号(カード番号の末尾に3~4桁の番号が追加して印刷されています)だけ変更される場合があります。更新で受け取ったときには、旧カードの廃棄前に確認しておくとよいでしょう。認証番号はあまり使用しないという方もいらっしゃるので気に留めないということもあるかもしれませんが、確認しておくことをおすすめします。

番号が変わることになるのは、紛失や盗難にあった場合に再度カードの発行を受けたときになります。この場合は、一旦利用停止をしていますので、万が一カードが見つかってもその利用停止したクレジットカードは利用できません。もちろん番号もそのままというわけにはいきません。

他にも、クレジットカードがゴールドカードなどになった場合も、同じクレジットカード会社でもカード番号は変わることになります。ゴールドカードなどに変更する場合は、カード会社のほうで公共料金などの支払いのために登録しているカード番号を変えてくれるときもあります。そうでない場合や、紛失などでカード番号が変わった場合は、自分で支払いの登録をしている番号を変更する必要があります。これはゴールドカードなどに変更するときの規約などに載っているはずですから、確認しておきましょう。